美容&脱毛

肌が弱いことが気になる人向けの美容脱毛

綺麗な女性

レーザーは脱毛専門美容サロンで永久脱毛が可能なので、決まった回数通ってしまえば、もう面倒なお手入れをしなくてもいいと言われていますが、その分皮膚が感じる痛みも強めです。クリニックは麻酔を使えるので、実際に処理する時には不快感はないものの、なるべく皮膚に刺激の少ない方法で脱毛をしたいと思った場合、どんな脱毛方式を選べばいいのでしょうか。
美容エステサロンの光脱毛は永久脱毛が出来ませんが、毛周期の成長期に該当する時期に照射を繰り返すことで毛質が柔らかくなって、お手入れしなくても済むようになると言われています。永久脱毛できない分は、脱毛コースを完了した人向けのアフターサービスなどでカバーしているサロンもあるので、脱毛後もツルツルの肌をキープ可能です。ムダ毛に再び悩まれることも少ないでしょう。
光脱毛にもいくつかの種類があり、大半のサロンはIPL方式かS.S.C方式です。いずれもレーザーと比べて出力は控えめです。IPLの方は、くすみやコラーゲン生成効果があるフォトフェイシャルと同質の光を用いているので、美容効果もセットになっているのが特徴です。S.S.C方式は、抑毛成分入りのジェルをまず脱毛箇所に塗布し、レーザーを照射することで、その成分を毛穴に浸透させる方法になっています。他にも毛の休止期に行うハイパースキン脱毛や、毛包にダメージを与えるSHR方式などもあります。

永久脱毛美容にかかる期間

永久脱毛と言えば、今や脱毛専門の美容サロンで手軽にできる時代になりましたね。料金も、一昔前に比べると格段に安くなりました。しかし、永久脱毛はある程度の期間と回数がかかることをご存じですか?今ある毛を施術してもらったら終わりだと思っている人も中にはいると思います。
今ある毛を脱毛専門の美容サロンで施術してもらうと、一週間後くらいにはほぼ全て抜けます。しかし2~3か月ほどするとまた同じくらいの量の毛が生えてくるんです!それをまた施術してもらう・・・ということの繰り返しです。施術してもらう時間は10分くらいですが、回数は結構かかります。
個人的な経験で言うと、2~3か月に1度、年間にすると約5回くらいでしょうか。完全に生えなくなるまで約10回は通いました。約2年ですね。これは毛の量や濃さによっても変わってきます。
脱毛は今現在生えている成長期の毛しか処理ができません。毛が生えていない、休止期というものがありまして、その期間の毛は処理ができないのです。休止期の毛は、期間をあけて毛穴から毛が出てきたタイミングで、施術を行わなければなりません。そのために永久脱毛は期間がどうしてもかかってしまうのです。そしてなんと、休止期の毛は今現在生えている毛の3~5倍とも言われているそうです。美容サロンで永久脱毛をしようとしたら、ある程度の期間がかかることを頭に入れておいてください。

美容脱毛の前には必ず

多くの女性の方は「一度は脱毛専門の美容サロンに通ってお肌ツルツルになってみたい」と思うと思います。私もその一人です。とは言うものの脱毛専門の美容サロンってお高いイメージがどうしてもありますよね。ですが、実際にいろいろな脱毛サロンのサイトを覗いてみると安いところからお高いところまで様々であるという事がわかり、自分に合った脱毛内容のサロンを発見し、実際に脱毛サロンに通う決意をしました。
いざ脱毛サロンへ!!脱毛の話を聞いて、機械によって値段が変わるという情報を手に入れました。そこでは契約せずもう一軒脱毛サロンにお話しを聞きに行き、美容サロンによって回数パックやメニューが異なるという事が分かりました。
脱毛サロンに通うときは最低でも2軒は回ってお話を聞くと違いやお得なことが良く分かると思います。脱毛の前にしておいたほうがいいこと脱毛の施術の1週間前には必ず、カミソリでの処理は避ける。(出来るだけ電気シェーバーを使うことをお勧めします)お肌の保湿は毎日欠かさず行う。(いつもの肌ケアにもう一つなにかクリーム等をプラスする)この2つは徹底して行ったほうがいいです。本当に効果がかなり出ます。お肌が水分たっぷりだと毛が抜けやすいのです。脱毛に通う際は、これを心がけていくと必ず納得いくツルツルお肌が手に入ります。

最新情報

美しい女性

脱毛方法の種類について

脱毛は、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、脱毛クリーム、家庭用の脱毛機器を使う方法など、方法だけでもこれだけあります。まず、光脱毛とは、脱毛サロンで行う施術方法で、光に色素が反応して脱毛を行うやり方です。色素に反応して行うので、皮膚と毛の色に差があまりないと効果があまり出ないのですが、脱毛する際の痛みが軽減できる点が良いです。レーザー…

もっと読む

明るい

美容皮膚科で乳首や乳輪の色をピンクにする

女性に多い身体の悩みの一つが、乳首や乳輪の色に関するものです。きれいなピンク色ではなく、色素沈着で茶色くくすんだ色になっている人の方が多いのではないでしょうか。色素沈着が進む理由は、妊娠や出産中に女性ホルモンの分泌が増えたことや、ターン―オーバーで古い角質が留まっていることなど、その人によって異なります。乳首を美白する方法ですが、美容皮膚科で治す方法や…

もっと読む

新着ニュース

2017年05月02日
エステで脱毛するときに気を付けることを更新しました。
2017年05月02日
美容エステで顔を無駄なくお手入れを更新しました。
2017年05月02日
美容皮膚科で乳首や乳輪の色をピンクにするを更新しました。
2017年05月02日
脱毛方法の種類についてを更新しました。